雑誌で見掛けて美味しそうだったので、東京駅に行ったついでに食べてきました。【NIPPON RAMEN 凛 TOKYO】

エキナカの商業施設「グラスタ東京」内にあり地下八重洲中央口改札の真隣です。重厚な店構えで店内はまるで高級天婦羅屋か割烹料理屋のカウンターの様な落ち着いた和風の造り。

札幌「Lab Q」プロデュースのラーメン店との事だが、さて、どんなラーメンか楽しみです(^^)

券売機は店外にあります。看板メニューだという“醤油らぁ麺”990円を購入。

運ばれてきたラーメンはトッピングは至ってシンプル。それだけに味へのこだわりと自信がみなぎっているようで期待大♬

クリアーなスープを一口啜ると、脳に衝撃が走るほど何重にも重なった出汁の風味とコクと味が絶妙なハーモニーを醸し出しています。

麺はどことなく蕎麦っぽいストレート麺。

なので「これは鴨蕎麦か??」っと思う様な高級感溢れる味わいですが、確かにシッカリ、ラーメンです(笑)

後で公式サイトを見たけれど、地鶏3種類と豚の出汁で鴨は入っていない模様。

かえしの醤油ダレも味わったことが無い、複雑で洗礼されたメチャメチャ完成度の高い醤油スープでした。

この際どうでも良いけど、チャーシューの下からメンマが顔を覗かせました(^^)

 

最近の日本のラーメンは本当にバリエーションに富んでいて、更に日本人が得意とする[複合文化のMIX]による進化と発展が素晴らしいと思います。

このラーメンを食べて

「蕎麦に合うのならラーメンでも旨いハズ! コレは絶対、“天婦らーめん”もアリ!」と確信しましたね♪

近い将来{チャーシュー}{メンマ}{玉子}{海苔}という定番の他に、天婦羅具材のトッピングも増えると思います(笑)

でも、いやぁ~、美味しかった(*゚∀゚*)

今日もスープも残さず完食です。 御馳走様でした(^^♪

 

■ 東京八重洲地下B1 GRANSTA TOKYO [NIPPON RAMEN 凛 TOKYO]