今夜は東京でも雪予報でメチャメチャ寒い! でも腹が減った・・・

ってな訳で、郵便局に行くついでに西新宿の名店『満來』に行く事にしました。

オープン10分前に着いてしまったので、まだシャッターが下りたままの店前で凍えるような寒さの中、開店時間を待つことにしました。ウェイティングは4名程。

ようやく開店となり自動シャッターがスルスルと上がり、暖かい店内へ♪   ざるラーメン(つけ麺)が人気の様ですが、余りの寒さから普通のラーメンを券売機で購入! 開店時間には10数名が並んでいて、他のお客さん多くはざるチャーシュー麺を注文しているのを聞いてホンの少しだけ後悔(;^^A)   でも今日は暖かいラーメンで良いのです(^^)

カウンター厨房内では一人前ずつの籠ざるで茹でるのではなく、開店と同時に入店した10数名分を大釜で一気に茹でていました。

ざるより普通のラーメンの方が早く提供されるので、待つこと3分くらいで豪快なラーメンがカウンター越しに出されました。

量が多いとは聞いていましたが、麺には箸がスッと通らないほど、所狭しと言わんばかりにギッシリと麺と具材が詰まっているボリューム感あるラーメン!  巷では“草鞋(わらじ)”と親しみのある愛称で呼ばれている極厚切り茹で豚チャーシューの存在感も抜群です。

スープを口にすると、鶏ガラ醤油ベースのクリアースープは物凄い上品な味! 麺は自家製麺かと思われるが、中太縮れ麺でつけ麺にはよくあるタイプのモチモチした食感です。スープが上品すぎるから少し劣って感じてしまいましたが(;^^A)澄んだ感覚の美味しい独特な麺です。

甘めに味付けされたメンマと青梗菜のホロ苦さが何ともベストマッチ♪

美味しくて夢中で啜りこんでいましたが、食べても食べても麺が減らないボリューム!若いお客さんが多いのも頷けます。おじさんにはチョット多過ぎる・・

食べている途中で気が付いたのですが、量が多くて2/3位食べた辺りからお腹が一杯で、味が良く分からなくなってきた(苦笑)

後、茹で豚と麺の味が上品なクリアースープに交じってしまい、最初にスープを口にした時の感動が薄れてしまって、メンマの味醂の甘さも舌に残ります。

ラーメンという商品としては余裕で合格ラインを越えると思いますが、料理として捉えると若干バランスが宜しくない気がしました。

まぁ、料理完成度を高めようとすると素人には解り辛くなるから、色々試行錯誤した結果、今の様にされたのかと推測できるので、決して否定はしません!

長年、人気を得てきた名店として頷ける美味しいラーメンで、今日もいつもの様にスープまで残さず完食♪ ご馳走様でした(^^)

(ホント、最初の内のスープは絶品! 食べ終えてお腹パンパンですw)

らぁめん満來

東京都新宿区西新宿1-4-10 1F